あんどん部屋(あんどんべや)

直接外気に接する開口部がない部屋のこと。採光、通風等の要件を満たせないので建築基準の「居室」とはできない。
昼間に行灯(あんどん)や客用火鉢等を収納しておく部屋というとこらから、こう呼ばれているといわれる。
「納戸」「サービスルーム」などと
表示され、通常は収納部屋として利用されている。