宅地地域、商業地域、農地地域等において、当該地域内の細分されたある種別の地域から他の種別の地域へと移行しつつある地域(移行地地域という)内に所在する土地のこと。不動産の鑑定評価上の分類の内の一つである。
例えば、宅地から商業地へ移行しつつある場合はあの土地は商業移行地である、などと使う。